介護福祉士など介護と福祉の資格

介護福祉士など介護と福祉の資格

介護福祉士は、介護の現場の第一線で活躍する職種です。

 

高齢化が進む日本社会では、寝たきりや認知症の高齢者が増えています。

 

そのような現状と共に、様々な介護問題も表面化しています。

 

介護福祉士は、1987年に、社会福祉士・介護福祉士法に基づいてできた制度であり、
国家資格です。

 

資格がなくても、介護の仕事はできますが、
介護福祉士は、確かな介護の技術や福祉に関する専門知識を必要としますし、
介護のスペシャリストとしての需要が高まっている事から、
やはり資格取得を目指すことが必要です。

 

社会福祉士が主に「ソーシャルワーカー」と呼ばれるのに対し、
介護福祉士は、「ケアワーカー」と呼ばれることがあります。

介護福祉士の仕事

介護福祉士は、専門的な知識と技術により、
身体・精神の障害によって日常生活を送ることが
難しい人の介護を行います。

 

具体的には、老人ホーム、身体障害者更生援護施設等の
入所型の福祉施設内での介護、
在宅では、高齢者・心身障害者の訪問介護や自立支援などをします。

 

介護職の専門性を生かし、在宅介護支援センターの職員として
相談にあたったり、その人本人だけでなく、
家族などの介護者に対しても、介護に関する指導を行うなどもします。

 

介護は、それぞれのニーズに応じて行う事が必要で、
介護を必要とする人や、自宅で介護をしている家族の様々な悩みに対し、
対応していくことが大切です。

 

ですから、介護福祉士には、福祉に関する知識だけでなく、
栄養学や調理、心理学、医学などの幅広い知識、
そして、リハビリテーション技術なども必要とします。

介護福祉士の職場

有料老人ホームや養護施設などの入所型施設、
老人デイサービスセンターなど通所型事業所、
自宅で介護を受けるための在宅型サービス事業所などがありますが、
介護が必要な場所では全て需要があります。

 

日本社会は、高齢者が急速に進んでいます。

 

そして、家族だけでは介護が難しいと言う現実があり、
介護福祉士のニーズは高まるばかりです。

介護福祉士の初任給

介護福祉士は、公立の施設に勤めた場合は、
各地方自治体の規定に沿って、公務員と同じ初任給になります。

 

たとえば、東京都では、大学卒業者の初任給で20万円ほど、
短大卒では18万円ほど、これに、夜勤手当や宿直手当などがプラスされます。

 

民間の施設や病院に勤務した場合は、
規模や勤務形態、地域などによって大きく差があります。

介護福祉士の将来性

現在の日本社会は、高齢化が急速に進んでおり、
65歳以上の高齢者の割合は、ますます増加の傾向にあります。

 

2015年には、高齢者の割合いが、
人口の4分の1を超えると言われています。

 

現時点の段階でも、核家族化が進行しており、
家族だけで介護をすることがとても難しい現実です。

 

このような時代背景もあり、
介護のエキスパートである介護福祉士は、ますます必要とされる存在です。

 

高齢者福祉の充実が重要課題である今、
福祉施設の増設、そして、より質の高い人材の確保が急務だといわれており、
介護福祉士の需要は高まるばかりです。

 

ですから、介護に携わる仕事をするのであれば、
介護福祉士の仕事は、ぜひ取得しておきたい資格の一つです。

介護福祉士になるためには

介護福祉士になるための方法は、大きく分けると2つあります。

 

・国家試験免除

 

大学、短大、専門学校など、国が指定した要請施設で
必要な科目を履修し、卒業する方法です。

 

・国家試験に合格する

 

受験資格を満たし、国家試験(筆記と実技)に合格する方法です。

 

●介護福祉士の受験資格

 

受験資格は、福祉に関する所定の単位を修了した高卒者、
ホームヘルパー2級で一定の実務経験があることなどです。

介護福祉士の資格取得ルート

介護福祉士の資格取得ルートは、様々な方法があります。

 

たとえば、高校卒業後、介護福祉士養成施設(2年制、3年制、4年制)を卒業し、
介護福祉士資格を取得する方法や、
福祉系大学・社会福祉養成施設・保育士養成施設等を卒業し、
介護福祉士養成施設で1年学んで介護福祉士資格を取得する方法、
また、介護福祉士国家試験に合格して資格を取得する方法があります。

介護福祉士の試験データ(2010年)

受験申し込み: 例年8月上旬〜9月上旬

 

筆記試験: 例年1月下旬頃

 

実技試験: 例年3月上旬頃(実技試験は筆記試験合格者のみ)

 

合格発表: 例年3月末

 

試験会場: 全国各地

 

受験料: 12500円

介護福祉士試験の問い合わせ先

財団法人社会福祉振興・試験センター

 

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-5-6 SEMPOSビル

 

TEL: 03-3486-7559